050-5328-8082

キットグループ合同会社
電話受付時間:10:00-18:00

オリジナルiPhoneケース

手帳型?スライド?ICカードを収納できるおすすめのiPhoneケース

スライドしてICカードを収納するiPhoneケースイメージ

近年、ICカードを使う方が増えてきました。

SuicaやPASUMOなどの交通系ICカードから楽天Edyやnanacoなどの電子マネーカードなど、種類がたくさんあります。ワンタッチで支払いができるので、非常に便利ですよね。

そんなICカードですが、みなさんはどこに収納していますか?

財布やバッグに閉まっている方が多いですが、出す手間が少々かかります。そこで提案したいのが、カードが収納できるiPhoneケースです。

ICカードを入れる際の注意点と、おすすめのiPhoneケースを紹介していきます。

危険かも?ICカードをスマホケースに入れるリスク

手帳型のiPhoneケースにICカードを入れるイメージ

いつも手に持っているスマホケースにICカードを入れておくと、非常に便利ですよね。そのため、多くの方が手持ちのスマホケースにICカードを入れています。

実はこの方法、危険な場合があり、故障の原因になることがあります。

カードには、磁気カードとICカードの2種類が存在します。磁気カードは、クレジットカードやキャッシュカードなどに採用されています。

この磁気カードは名前の通り磁気が発生しているので、他の磁気を発生するものと相性が悪いといえます。一緒にしておくと、反応しなくなったり、故障したりしてしまいます。

特に、手帳型スマホケースの留め具に使われているマグネットには注意しなければなりません。

ICカードは、Suicaなどの交通系カードとしてよく使われています。磁気は関係ありませんが、スマートフォンとの相性はあまり良くないといわれています。

ですので、スマホケースに入れていても改札で反応しなかったり、支払いができなかったりするケースがあります。

ICカードをスマホケースに入れるには

上記のことを考えると、ICカードをスマホケースに入れてはいけないと思ってしまいますよね。しかし、あるアイテムを使うことでスマホケースにICカードを入れておくことができます。

それが、磁気エラー防止アイテムです。

磁気エラー防止シートイメージ

定番となるのが「ICカード磁気エラー防止シート」です。iPhoneとICカードの間に磁気エラー防止シートを挟んでおくと、読み取りエラーを防いでくれます。

そのシートを使えば、現在使っているスマホケースでも対応できます。

また、手帳型のiPhoneケースを選びたいのであれば、留め具に磁石を使っていないタイプを選ぶようにしましょう。

これらは、スマホケースを買う前に必ず確認しておくべきポイントです。

スライド・手帳型!ICカードが収納できるおすすめのPhoneケース

カード収納ができるiPhoneケースは、たくさんあります。そこでおすすめのスマホケースタイプを、メリット・デメリットともにご紹介していきます。

大人女子に人気が高い手帳型iPhoneケース

本革・合皮レザーのスマホケースイメージ

手帳型のiPhoneケースは、凝ったデザインが多く、特に大人女子に人気が高いです。合成皮が採用されていることが多く、本物のレザーのような高級感も味わうことができます。

そんな手帳型iPhoneケースの一番のメリットは、スマートフォンの全面を守ることができることでしょう。

一般的なハードケースだと、画面側は剥き出しとなりますが、手帳型なら画面側も保護することができます。画面を傷つけるリスクを減らすことができるでしょう。

また、手帳を開くと、スマホスタンド代わりになります。動画や映画、アニメなど観る時にぴったりです。

スマホスタンドイメージ

そして注目のカード収納ですが、手帳型はカードを2枚〜4枚ほど収納できるタイプが多いです。収納力は抜群で、便利だと使われる方が多いです。

このようにメリットの多い手帳型スマホケースですが、デメリットもあります。

まず、手帳型スマホケースは大きく、ポケットに入れて持ち歩くのが難しいかもしれません。またその大きさと開いた状態から、片手で操作しにくいことがあります。

最後にメリットとなったカード収納ですが、留め具部分がマグネットだとエラーを起こし、カードが使えなくなってしまう可能性があります。

多くのケースがマグネットを利用しているので、選ぶ際は注意しましょう。

スライドしてカード収納!2層構造のiPhoneケース

手帳型のiPhoneケースのほかに、ICカードが収納できるスマホケースがあります。それがキットグループが開発した2層構造のハイブリットタイプのiPhoneケースです。

側面に柔らかく衝撃を吸収してくれるTPU、背面にデザインを綺麗にプリントできるポリカーボネートが使われています。

そしてこの間にカードスロットがあり、スライドするとICカードを入れることができます。無料で磁気エラー防止シートが付いてくるので、故障の心配もありません。

セットできるのは、SuicaやPASMO、PiTaPaなどの交通系ICカードや、楽天Edyやnanaco、WAONなどの電子マネーカードです。

背面のポリカーボネート部分はあなたオリジナルの画像をプリントすることができ、自分だけのiPhoneケースを作ることができます。

ポリカーボネートはデメリットとして傷がつきやすい点があげられますが、キットグループ独自の超硬質コーティングを施工しているので、傷が付きにくく、付いたとしても目立たないケースになっています。

そして、このポリカーボネート部分はスライドすると付け替えが可能となり、異なるデザインを毎日楽しむこともできるのです。

こんな方におすすめ

  • Suicaなどのカードを壊さず快適に使いたい方
  • iPhoneの保護性能を重視される方
  • 鮮やかで、きれいな色のケースが欲しい方

オリジナルiPhoneケースの詳細はこちら


ご相談・お見積もりは無料です!

-オリジナルiPhoneケース

© 2021 キットグループ合同会社