オリジナルiPhoneケース

衝撃に強いiPhoneケースはどれ?素材の特性まとめ

スマートフォンの衝撃イメージ

どんなに気をつけていても、ぶつけたり、落としたりしてしまうスマートフォン。受けた衝撃によってはiPhoneを傷つけます。

そうならないためには、衝撃に強いiPhoneケースが必要不可欠です。

そこで今回は、衝撃に強いおすすめのスマホケースを素材別に紹介していきます。

オリジナルiPhoneケースの詳細はこちら


ご相談・お見積もりは無料です!

iPhoneケースを買う前に知っておきたい6つの素材

現在、iPhoneケースに使われる素材はたくさんあり、大きく「ハードケース」「ソフトケース」「レザーケース」に分けられます。

そして、その中にもさまざまな種類の素材が使われています。まずはそれらの素材の種類、特性を知っておきましょう。

【ハードケース】耐久性抜群のポリカーボネート

ポリカーボネートのスマホケースイメージ

ハードのiPhoneケースと言えば、「ポリカーボネート」です。定番の素材で、透明感の強いプラスチックでできています。iPhoneケース以外にもカメラレンズや車のヘッドランプなどに使われている優れた素材です。

ポリカーボネートは、耐久性が高く、衝撃に強いスマホケースです。安価で、軽量かつ加工しやすい特性があり、iPhoneケースには持ってこいの素材と言えるでしょう。しかし、傷跡がつきやすく、色の劣化などのデメリットもあります。

【ハードケース】ぬくもりが感じられる木材

木材のスマホケースイメージ

木材をそのまま利用したiPhoneケースは、木のぬくもりを感じることができます。木目だけでなく、その上に印刷を施しているデザインもあり、人気の素材のひとつです。スマホケースに使用される木材は、桜、ローズウッド、メイプル、竹などがあります。木の種類によって木目やカラーが異なるのも魅力です。

そんな木材の一番のメリットは、熱伝導率が低いことです。スマホを長時間充電すると、iPhoneがだんだん熱くなってきます。また、負荷のかかるアプリを使用することでも熱を感じるでしょう。木材のケースは熱を通しにくいため、そのようなストレスを感じません。

しかし、木材は他の素材と比べると衝撃に弱い傾向にあります。たとえば、高い場所から落とせば、ケースが欠ける可能性が高いです。落下しないように注意が必要です。

【レザーケース】使い込むほど手に馴染む本革・合皮レザー

本革・合皮レザーのスマホケースイメージ

レザーケースには、本革と合皮のレザーがあります。本革は動物の皮で作られていて、しっとりした質感は本革ならではでしょう。自然にできたしわや傷が、使い込むほど馴染んでいきます。

合皮レザーは人工的に作られていますが、本革のような見た目と質感で安価に購入できるので、iPhoneケースによく使われています。ビジネスシーンでも活躍するような手帳型のデザインが多く、高級感があります。

本革のレザーケースは、カビが発生する恐れがあり、定期的なお手入れが必要です。合皮は経年劣化をすると、べとつくなどのデメリットがあります。

【ソフトケース】シリコン

シリコンのスマホケースイメージ

シリコンは、ソフトケースの定番となる素材です。ゴム状で柔らかく、iPhoneにピッタリとフィットします。

滑りにくい特性は、スマホ落下防止につながります。衝撃にも強く、シリコンがクッションのようにiPhoneを保護してくれるでしょう。

しかし、ゴムの特性である粘着力がゴミやホコリをつけてしまうというデメリットがあります。

【ソフトケース】TPU

TPUのスマホケースイメージ

TPUは、熱可塑性ポリウレタンという素材でプラスチックの一種です。耐久性が高く、傷がつきにくい特性があります。

シリコンのように柔らかい質感ですが、少し硬くゴミやホコリがつきにくい傾向にあります。また、安価に手に入るので現在注目されている素材と言えるでしょう。

ただ直射日光や紫外線に弱く、黄ばむことがあるので注意が必要です。

衝撃に強いiPhoneケースは使う環境に合わせて

iPhoneケースの素材を見てきましたが、結局どの素材が良いのでしょうか。どの素材にもメリット・デメリットがあり、さらに悩んでしまうかもしれません。

そこで、注目すべき点を以下にまとめました。

どんな環境で使うのか

スマートフォンを使うイメージ

あなたはiPhoneをどのような環境で使っていることが多いですか?家の中なのか、外なのか、人によってスマホを使う環境は異なります。

たとえば、外で使うことが多い方は衝撃に弱い木材のスマホケースは避けた方が良いかもしれません。

何を重視するのか

考え込むイメージ

衝撃に強い点のほかに、何を重視するのかによっても選ぶ素材が変わります。

デザインをプリントしたい場合は、ポリカーボネートなどのハードケースがおすすめです。ソフトケースにはできない綺麗なiPhoneケースができあがるはずです。

メリットが多いハイブリットケースもおすすめ

実は、別々の素材を掛け合わせてお互いのメリットを持たせたケースがあります。それがTPUとポリカーボネートで作られたハイブリットケースです。

インナーや側面に衝撃に強いTPU、背面に印刷がきれいにできるポリカーボネートが施されています。衝撃に強く、デザインも楽しめるメリットの多いiPhoneケースとなるでしょう。

キットグループでは、このハイブリットケースをあなたのオリジナルデザインで製作することができます。ポリカーボネートは傷跡がつきやすいと説明しましたが、特別に超硬質コーティングが施工されていますので傷が深く入りにくく、傷跡が目立ちません。

さらに世界最高水準の技術により、ケース深くまでインクが浸透することで鮮やかな色合いが表現されています。

安価なiPhoneケースにはない耐衝撃性・強さ・そして美しさまでも体感できるでしょう。

こんな方におすすめ

  • iPhoneの保護性能を重視される方
  • 鮮やかで、きれいな色のケースが欲しい方
  • 手軽にいろいろなデザインを楽しみたい方

製作実績

闘志を燃やすハンドボーラーのiPhoneケース画像1

オリジナルiPhoneケースの製作実績

闘志を燃やすハンドボーラーのiPhoneケース

金沢サンダーボルトのiPhoneケース画像1

オリジナルiPhoneケースの製作実績

金沢サンダーボルトのiPhoneケース

PLUGBEARのiPhoneケース画像1

オリジナルiPhoneケースの製作実績

PLUGBEARのiPhoneケース

3匹の愛犬のiPhoneケース画像1

オリジナルiPhoneケースの製作実績

3匹の愛犬のiPhoneケース

トラウトのiPhoneケース画像1

オリジナルiPhoneケースの製作実績

トラウトのiPhoneケース

カメレオンのiPhoneケース画像1

オリジナルiPhoneケースの製作実績

カメレオンのiPhoneケース

ブラウントラウトのiPhoneケース画像1

オリジナルiPhoneケースの製作実績

ブラウントラウトのiPhoneケース

オリジナルiPhoneケースの詳細はこちら


ご相談・お見積もりは無料です!

オリジナル
グッズ一覧

オーダーメイドのプロが提案する、妥協なきオリジナルグッズ

オリジナルグッズ一覧

オリジナルウィンドブレーカー

欲しい機能と好きなデザインで作れる万能アウター

オリジナルウィンドブレーカー

-オリジナルiPhoneケース

© 2022 キットグループ合同会社